映画感想多めの雑記ブログです。

おかきブログ

漫画

ブラックジャック

更新日:

どうも、お柿です。

おかきぶろぐは毎朝6時更新予定ですのでみんな朝のうんこ中にでも読んでね。

西日本豪雨災害、継続的な支援が必要です。
ボランティアに行った際に感じたことを漫画にしました。
よければご一読ください↓
2018.07.14 広島県三原市

ラインスタンプ販売中です→ほのぼの家族スタンプ

「おしりのなやみ~便通改善日誌~」が第5回新コミックエッセイプチ大賞、一次審査通過しました!
漫画公開中です↓
「おしりのなやみ~便通改善日誌~」
プチ大賞一次審査通過作品の批評はこちら↓
新コミックエッセイプチ大賞一次審査結果&講評

海外旅行記、noteで販売中↓
せっかく無職になったのでタイとマレーシアに行ってきました

よろしくじゃないほうです

ブラックジャック

ブラックジャック、原作コミック読まれた方ってこのブログ見てる中でどんくらいいるのかな。

そもそも母数が少ないのでいても一人か二人くらいかな?

アニメや実写ドラマもやってましたが、わたしは実家で母が文庫を集めていたのでそれを何度も何度も読み返すほどブラックジャックが好きでした。

ブラックジャックは無免許医で、高額な料金をふっかけて、でも天才的な外科医。

いわゆる超凄腕の闇医者です。

なので来る患者も訳ありばかり。
正規の医者にかかるとまずい身分の人だったり、どこにも診てもらえないくらい手の施しようのない患者だったり、一番びっくりしたのは機械の手術を依頼されたりしたこと。

とりあえず今回はブラックジャックを知らない方向けにざっくりキャラクターの説明をしようと思います。

興味を持って少しでもブラックジャック好きな人が増えてくれるといいなー。

最近読み返してないので細かい部分間違ってたらすいません。



ブラックジャックの本名は間黒男

間黒男(はざま くろお)がブラックジャックの本名です。
子どもの頃に戦時中に残された不発弾が爆発したことで身体がバラバラになり、名医の「本間丈太郎」先生の手術を受け地獄のようなリハビリを繰り返しやっと人並みの生活ができるように。

その爆発で母親が亡くなってしまい、生きている父親は他に女を作って家を出ていったため黒男は父を恨んでいます。

また、この事故の手術で身体の様々なパーツをつなぎ合わせたためブラックジャックの身体はツギハギだらけです。

顔の皮膚の色が違うのは、みんなが皮膚提供を断る中、唯一黒人である友人からいただいたものだから。
元の肌に合った色の皮膚移植をすすめられても頑なに断るのは友人からいただいた恩を忘れないため。

やべぇ、思い出して泣けてくる。

熱い情に満ちた男なんですブラックジャックって。

ピノコの誕生

あっちょんぶりけ!が可愛いピノコですが、元はただの肉の塊でした。

先ほど書いた「正規の医者にかかるとまずい身分」つまり医者にかかったとバレて世間に騒がれる大物なわけですが、ある女性が運ばれてきます。

女性のお腹には大きな腫瘍があり、レントゲンで中を見ると一揃い人間のパーツが入っています。

その女性がブラックジャックの元へ運ばれてきたのは身分だけの問題ではなく、その腫瘍に「意思」があったためでした。
すぐさま切り取ろうとメスをいれようとすると、超常現象が起きて手術室がめちゃくちゃに。
なんとか腫瘍を説得し、必ず助けると約束をして腫瘍にも麻酔をかけます。

その腫瘍を組み立てたものがピノコです。

結構グロいよね、ピノコ生誕。

身体は小さいけど本体とずっと共に育ってきたので精神年齢は18歳くらいだったかな?
話し方がおぼつかないのはおそらく「組み立てた」身体だからではないでしょうか。

あ、いまぐぐったら腫瘍ではなく畸形嚢腫というものでした。

ブラックジャックと逆でポリシーをもって人を安楽死させるドクターキリコとかもでてきます。
みんなそれぞれ自分なりの考えで人を助けてるので、手塚治虫が常に「命とはなにか」と問いかけてきている気がします。

作者である手塚治虫自身も医師免許をもってたみたいなので、あそこまでリアルな描写ができるんやろなぁ。

んーまた読み返したくなってきたー。

知り合いの人は家に読みに来てね、文庫なら全巻揃ってるから!笑

 

読んでくださってありがとうございました。

お柿

web業界未経験30代の女が職業訓練webクリエイター科を受講し将来的にフリーランスを目指すブログです。

たまに漫画描いたりします。シュワちゃんはわたしのヒーロー。

-漫画
-

Copyright© おかきブログ , 2018 All Rights Reserved.