映画感想多めの雑記ブログです。

おかきブログ

仕事 漫画

イラストレーターの営業方法を学ぶトークショーに行ってきました

更新日:

 ハイジトークに参加しました

どうも、お柿です。

【おかきぶろぐ】は毎朝6時更新予定ですのでみんな朝のうんこ中にでも読んでね。
ラインスタンプ販売中です→ほのぼの家族スタンプ

「おしりのなやみ~便通改善日誌~」が第5回新コミックエッセイプチ大賞、一次審査通過しました!
プチ大賞一次審査通過作品の批評はこちら↓
新コミックエッセイプチ大賞一次審査結果&講評

 

4月14日(土)
大阪本町で行われたハイジトークに参加してきました!

 

【ハイジトークとは】

イラストレーターとして活躍されているハイジさん( @Haiji0123 )が、ご自身が行ってきた営業方法、また企業の方に直接アンケートをとりその結果をまとめたものを参加者たちでシェアする目的の元行われたトークショーです。
今回はハイジさんと、webプロデューサー&ディレクターであるヒロさん( @boomar13 )との対談形式でした。

クリエイター側と企業側、両サイドのお話を聞けるまたとない機会で、参加費3000円でしたがそれ以上の情報が得られたと思います。

漫画の画像

漫画の画像

トークショーでハイジさんが営業方法のひとつとして「今から流行るもの、流行っているものをイラストで説明する」と仰っていたのでわたしも帰ってから早速トークショーの様子を漫画にしてみました。

制作時間約1時間。




自分の作品に金額を設定すること

イラストレーターになる上でわたしが難しいなと感じていたのは、「金額の設定」です。
それについてハイジさんが仰っていたのはとても簡単な方法で、「時給をいくらにしたいか」ということでした。

まず自分が月に稼ぎたい金額を設定÷一日に働ける時間の設定=時給

時給×制作時間(構想から完成まで)=作品の金額

聞きながら、な、なるほど・・・!

確かにそうするとわかりやすいし、割に合わない仕事の判断もつきやすい。
わたしの場合だといくらくらいかな。
例として副業で始めるとして月に最低3万円稼ごうと思ったら、土日2時間で4時間×4回、
30000÷16=1875
時給は1875円、似顔絵アイコンなどを描こうと思ったらその方の写真をいただいたりとメール連絡や写真を絵に落とし込める作業、ラフの確認→本番絵の完成までざっくり3時間かかるとしたら

似顔絵アイコン1点につき1875×3=5625円

修正がくることを予想して6000円くらいの見積をたてればいいということになります。
うーん、これはわかりやすい!!
上記はあくまで例なので、作業時間がもっととれる、また作業時間がはやくなれば単価は下がります。
逆に、描写の細かいものや時間のかかるものだと(油絵や点描など)単価は上がります。

知名度があればその分ブランド料みたいなのも発生するだろうし、そら人によって値段が全然違うわけですよね。

でも、年に一度「広告制作料金基準表」という本がでているらしく(9500円もするらしい)どうしても自分で値段が決められない方はそれを参考にするのもいいかも、と仰っていました。

そもそもフリーランスに依頼するというのは値切る前提らしいので、「よかったらお仕事ください」という姿勢であったり低すぎる金額で仕事を請けてしまうと、そこから単価をあげるのは相当難しいそうです。

企業側とクリエイター側は対等であるべき。心に刻みます。

絵を描くという作業を「パパっと描いてるんでしょ?」という認識の方が世の大半らしく、金額を提示すると「そんなにするの?!」と驚かれる方も多いそう。まぁ、そうかもな・・・と思いました。

 

仕事を得るためには

制作会社や出版会社の「リストに載る」ということがとても大事だとヒロさんは仰っていました。
営業に行くとしてもその会社にあった作品を「このために作ってきました!」と自分から提案する、プロデューサーなどは企画を出す側の人間なので、常にアイディアやヒントを求めている。的外れでもいいから、なにかヒントを提示するといい。
また、「何でも描けます」というのは「代わりがきく」ということでもあるのでフリーランスには向かない。会社員だと重宝されるかもしれないが、外から売り込みにいくのであれば「自分にしかない強み」を絞ることが大切であるとも。

ハイジさんはクリエイターEXPO(企業とクリエイターの商談を行うイベント)に参加した際に、「自分はあれもこれも描ける」と欲張って失敗した。人が沢山集まっていたブースをのぞくと、「理科の絵ならお任せ!」とビーカーやフラスコの絵を沢山描かれているところがあって、あそこまで的を絞らなければまず印象にも残らないのだと思いました。と仰っていて、たしかに万人受けを狙ったものよりも何か一つのものに特化しているほうが人の目につきやすいし、「理科の教科書を出すならあの人に頼もう」と仕事にも繋がりやすくなるなーと思いました。

これが、いわゆるこの仕事ならこの人に頼もう、というときに依頼する側の脳裏に浮かぶのが「リストに載る」ということなんだな。と思ったのでわたしも可愛い系のデフォルメ絵柄で実用系漫画を描くならお柿さんに。と思ってもらえるよう頑張ります!!

 

読んでくださってありがとうございました。

お柿

 

 

【新ポートフォリオサイトできました】

【コミックエッセイプチ大賞一次審査通過しました】

映画好きさんのオフ会に行ってFilmarksっていうアプリを教えてもらったよ。

映画の感想とか仕事のこととか。シュワちゃんはわたしのヒーロー。

-仕事, 漫画
-,

Copyright© おかきブログ , 2018 All Rights Reserved.