映画感想多めの雑記ブログです。

おかきブログ

雑記

ファッション遍歴

更新日:

 みんな持ってる黒歴史

どうも、お柿です。

【おかきぶろぐ】は毎朝6時更新予定ですのでみんな朝のうんこ中にでも読んでね。

先日、学校で服の話題になりました。

一人エスニック系のファッションの方がいて、いつも綺麗な柄のストールやカバン、おおぶりのアクセサリーなどを付けていてとっても似合っているのですが、「実は昔はミルク系だった」と告白したのです。
ミルク系?と最初は思ったのですがどうやらフリフリ系の洋服らしく、「ロリータファッションみたいなかんじ?」と聞くと「そうそう!」と言われ、とても今の姿からは想像できなくその場は大盛り上がり。

数年前の写真を見せてもらうと少しギャル要素もあり、時代の流れというか年齢による好みの変化もあるのかもしれませんが、本人曰く「いわゆる黒歴史ってやつよ・・・」とのこと。



わたしはヤンキー&ギャル?

そんな話を聞いて自分はどうだったかなーと振り返ると、大学デビューだったためそれまでは一切おしゃれをせずただの気持ち悪いオタクでした。
大学にはいってから仲良くなった子に化粧を教えてもらったりパーマをあてたりして、顔が濃いせいか髪色が明るいせいかおそらく眉毛を薄くしすぎたせいなんだけど完全にヤンキーでした。

大学卒業後は当時付き合っていた元ギャル男の影響で(わたしは元ヤンキーだと思って付き合ったのに)かなりギャルに近い露出高めの服を着ていました。乳はないから脚しかだしてないよ!
20代半ばだったらギリギリセーフですよね?お願い誰か大丈夫って言って。

その後はかわいらしい女子アナっぽい路線を目指したりもしたのですがすべてしっくりこず。

そもそも顔面が化粧すると宝塚仕様になってしまうので可愛い系はまず似合わないんですよね。
当時周りにいた男性の意見を聞くとやれヒールがいいだのパステルカラーだのふんわりスカートがいいだのとどれもこれもわたしには似合わないものばかりでした。なんていうか、しっくりこないし着てて落ち着かない。

そりゃそうですよねとにかく万人受けしようとしてたんだから。

万人受けする洋服が似合う人って中身も万人受けする性格だと思うんです。

なんていうか、皮肉とかじゃなくてふつうに明るくて、ふつうに愛想がよくて、急に変な動きしたり変な発言したりしないっていうか。

わたしはそうじゃないんですよね。自分ではふつうのつもりなんですけどどうやら万人受けする性格というか、世間一般でいう「ふつう」とは少し違うタイプの人種らしいのです。
まぁそんなことはどうでもよくて、とりあえずわたしが着てしっくりくるものは

・カジュアル

・楽ちん/動きやすい

 

スウェットじゃねーか。

いや、スウェットも好きです。好きなんですけど、ちゃんとお出かけもできる、百貨店とか入っても居心地悪くならない程度に着心地のいい清潔感のあるカジュアル。これが一番自分らしいし違和感もないのでやっと着る服の系統に迷わなくて済みそうです。

服って難しいですよね。いまだにセンスには自信がないのでできれば買うときは誰かに背中押してほしい派です。

ユニクロが大好きなので今度誰か一緒にユニクロいこ。

 

 

読んでくださってありがとうございました。

お柿

web業界未経験30代の女が職業訓練webクリエイター科を受講し将来的にフリーランスを目指すブログです。

たまに漫画描いたりします。シュワちゃんはわたしのヒーロー。

-雑記
-

Copyright© おかきブログ , 2018 All Rights Reserved.