映画感想多めの雑記ブログです。

おかきブログ

仕事

職業訓練校webクリエイター科への申し込み

更新日:

職業訓練とは

どうも、お柿です。

【おかきぶろぐ】は毎朝6時更新予定ですのでみんな朝のうんこ中にでも読んでね。

 

職業訓練とは、就職支援のためのスキルを身に着ける学校に通い、条件によってはお金を貰いながら学べるというありがたい制度です。
わたしはまだ失業保険の待機期間中だったので、条件としてはあてはまっていました。
早速ハローワークに行って職業訓練校webクリエイター科のカリキュラムの用紙を貰い、見てみると申し込み期限があと三日でした。あぶねぇ。
3か月と6か月のコースがありましたが、半年無職はちょっと怖かったので3か月のコースを希望しようと職員さんに相談することに。

すると、職業訓練にも種類があり、失業保険給付の待機期間中であるわたしは公共職業訓練というものに申し込めると教えてもらいました。実施場所は違ったのですが、コース内容は同じだったのでそちらを申し込むことに。

公共職業訓練を選び、かつ「受講指示」の場合交通費や受講手当も出るようなので、職業訓練を検討されていてまだ失業保険の給付が始まっていない方は一度相談してみるといいと思います。(たしか給付日数が3分の2以上残っていることが条件だったような気が)(そして他に受講推薦などもありそちらはまた条件が違うかったような気が)

ちなみに、失業保険を給付し終えたあとでも受けられる訓練もあるようですが、お金は貰えないかもしれません。とにかく条件によって受けられる制度が変わってくるので一概にこう!とは言えず・・・。気になったらまずはハローワークで相談しましょう。



職業訓練校webクリエイター科への申し込み

わたしが希望するwebクリエイター科は3ヵ月コースと4ヵ月コースがあり、内容は同じでしたが4ヵ月のほうは授業プラス1ヵ月の企業研修がついているものでした。えー!企業研修行きたい!!と思ったのですが、試験日が都合悪く、、、まさかの海外旅行日程ど真ん中だったので(これもまた記事書きます)泣く泣く3ヵ月のコースにすることに。しかし4ヵ月コースよりも定員が多く、倍率が毎年ほぼ2倍と聞いていたので少しでも枠があるほうを選べてラッキー!こっちしか受けられないのもある意味縁があるのかも。とポジティブに捉えることに。

そして、これは後から知ったのですが今年(2018年)から2年間手当をもらいながら訓練が受けられる長期コースもできたらしいです。そちらは定員10名らしいのでとても狭き門・・・知らないだけでいろいろな制度があるんですね。

それからはジョブカード(履歴書と職務経歴書が一緒になったもの)を書いたり訓練校の説明会に行ったりしました。一度、キャリアカウンセリングの方と面談を行った際、なんとなく怖いイメージをもっていたのですがすごく親身に話を聞いてくれて、

「しっかり将来についてのビジョンがあって、何をするべきかしっかりわかってらっしゃいますね。頑張ってください」

と言われ、一人胸が熱くなっていました。惚れてまうやろ。

ちなみに、このキャリアカウンセリングは自分のしたい仕事と受ける訓練内容にミスマッチがないか確認するために行うらしいです。もちろん、他にも自分のキャリアを見つめなおすという理由もあります。でもミスマッチというとたしかに、プログラミングやりたいのにフォトショの勉強してもしょうがないですもんね。

そしていざ、試験と面接。そうです。申し込んで終わりじゃありません。なんと筆記試験も面接もあります。わたしは母が以前訓練校に通っていたことがあったので知っていましたが、友人などは「えっ試験なんかあんの!」と驚いていました。

やはり、お金を貰ってスキルを学べるのですから、そう簡単にほいほいと受けられるわけではありません。

でも、内容はいたって簡単なもので、筆記試験といっても中学卒業程度の国語と数学の問題で、選択式です。国語は得意だったので、数学だけさらっとネットで公式などおさらいしておきました。面接も、聞かれる内容を事前に想定して答えを用意しておきました。

そして試験当日。またわたしはやらかしました。

続きはこちら→職業訓練校webクリエイター科の面接・試験

 

読んでくださってありがとうございました。

お柿

web業界未経験30代の女が職業訓練webクリエイター科を受講し将来的にフリーランスを目指すブログです。

たまに漫画描いたりします。シュワちゃんはわたしのヒーロー。

-仕事
-, ,

Copyright© おかきブログ , 2018 All Rights Reserved.